ウェブサイト マスコミ対応などに活用

カルピス株式会社「工場見学VTR制作」

  • インタビュー:2013/6/6
  • カルピス株式会社 広報・CSR部担当マネージャー 伊藤真利子さん

NHKエデュケーショナルでは、教育番組制作のノウハウを活かし、世代を問わず“伝わる”映像の制作を行っています。
カルピス株式会社様からのご依頼で、2011年より、広報活動やCSRへの取り組みに幅広くご活用いただける工場紹介用のVTR制作をお手伝いしています。

 

制作担当:NHKエデュケーショナル 教育部

■カルピス株式会社 工場紹介の映像はこちらから
http://www.calpis.co.jp/museum/factory.html
(※外部サイト )

   

■カルピス株式会社 工場紹介の映像はこちらから
http://www.calpis.co.jp/museum/factory.html
(※外部サイト )

   

製造現場の躍動感を伝えたい

カルピス株式会社 広報・CSR部担当マネージャー
伊藤真利子さん

いつでも、どこでも、わかりやすく、 迫力の製造過程を紹介する映像が必要だった


― 
工場紹介用のVTRをご依頼いただいた背景を教えてください。 

伊藤:工場内の様子をどのようにすれば誰にでもわかりやすくご覧いただけるのか、広報としてはこれが課題でした。

当社には群馬県と岡山県に工場があり、数年前から両工場への取材や見学のご希望が増えてきていました。
ところが「カルピス」は生乳を乳酸菌で発酵させるというデリケートな製造工程を経るため、目の前で見ていただくのが難しいことや、来工のご希望のタイミングと製造のタイミングがなかなか合わないため取材や見学をお断りしなければならないケースがありました。

なんとかして「カルピス」の製造過程の迫力や発酵の本物の映像をお客様や工場見学に来て頂いた方、マスコミの方に是非お伝えしていきたい!こうして、多用途を目的とする映像制作を企画することになりました。一度制作すれば、自分たちの仕事の効率化にも繋がっていくということもあり、DVD制作の企画を立ち上げました。

 

めったにみることができない「カルピス」の製造工程

 

cal1.jpg

複雑な製造工程を、わかりやすく図解

cal2.jpg

ポイントとなる「カルピス菌」の継承について
アニメーションで紹介

まじめに作っている現場を、まじめに撮影する

実際の映像

番組制作のノウハウを活かして企業イメージを映像化


 制作にあたって、苦労や試行錯誤されたことを教えていただけますか。

伊藤:苦労したことが二つありました。一つはスケジュール調整です。数多くの製品を製造する中で、今回の主な撮影対象となる「カルピス」の生産日に合わせて撮影予定を組む必要があります。
「カルピス」が生産される日を一ヶ月ほど前からスケジュールを確認し、製造工程ごとに時間を分けて細かく撮影すべき場面を組み立てることで、何とか計画通りに撮影を終えることができました。
もう一つは、いかにして伝わる言葉をDVDに盛り込んでいただけるかという点です。会社的に「正しい表現」と「きちんと伝わる表現」とのせめぎあいがありました。 


 弊社が企画段階もしくは制作において、どのような関わり方をさせていただいたのでしょうか?

伊藤:私自身驚き、素晴らしいなと思ったのは、資料をお渡しして、一度ロケハンにもいって頂いたのですが、そのなかから当社の意図をよくご理解頂き、台本が上がってきたことです。台本には「そうそう、こういうことを伝えたかった!」という内容が表現されており、当社を理解しようとしてくださっているのだなと感じました。
それから、工場には現場で毎日「カルピス」と向き合っている社員がたくさんおります。その社員一人ひとりがどういう気持ちで生産にかかわっているのか、生の声を拾いたいという想いがありました。そこで、現場の担当者が出演することをご提案いただきました。

   

“まじめに楽しく”「カルピス」の魅力を伝える

 

伊藤:もちろんこのDVDにはタレントさんが出演しているわけでもなければ、凄いCGを使っているわけではありません。真面目に作っている現場を真面目に撮って、装飾なく伝える。工場紹介DVDには、それが必要なんだと思いました。

新たなニーズに、スピーディーに対応

多用途に使える映像に現場から反響


 DVDを様々な場面でご活用頂いていると伺いましたが反響やご感想などはいかがでしょうか。

伊藤:工場では、新設ラインを設置すると竣工式を行います。この竣工式の招待客待合室でDVDを上映しました。工場の概要をお客様に大変よく理解して頂くことができました。「百聞は一見にしかず」ではないですけれど工場全体を俯瞰して見ていただくのにとても役立っていると聞いております。

また、撮影いただいた映像を各シーンでHDカムテープに保存していただき、素材集として納品いただきました。ナレーションやテロップが入っていないHDカム素材を作成しておくことで、テレビ局などで編集を加えて映像を利用していただけるので、様々な場面に便利に使わせていただいております。
著作権を当社にしていただいておりますので、こちらで自由かつスピーディーに対応できる素材になっています。契約を結ぶ時点でも、利用状況をじっくりお話しさせていただき、こちらの希望をご理解いただきながら進めることができたと思っています。

   

子どもたちにもカルピスの魅力を知ってもらいたい

カルピス株式会社 広報・CSR部担当マネージャー伊藤真利子様

教育コンテンツ制作のノウハウを活かして


 CSRの取り組みも映像を使われているとか。

伊藤:広報的な使い方以外に、実はもう一つ使い道があります。当社では小学校の児童に向けて、「カルピス」の製造工程や乳酸菌の働きを紹介する出前授業を行っているのですが、そこでも活用しています。
授業の中で乳酸菌による発酵について説明をする際、このDVDを流すと「わあああ!!」と反応が返ってくるんです。発酵という少し難しいテーマでも、児童の皆さんが興味を持って学ぶための大切なサポート役になっています。あとは香りが出るといいんですけどね(笑)

 

 今後のリクエストや企画など、ご希望をお聞かせいただけますでしょうか?

伊藤:飲料商品はパッケージが毎年変わります。パッケージが変更になった場合新たにその部分だけ撮り直していただく必要があります。その点で今後もフレキシブルにご対応いただけるとありがたいですね。
また、先ほどの出前授業の中では、当社の創業者が「カルピス」を開発するまでの背景をアニメーションとして制作していただきました。教育コンテンツ制作のノウハウを活かした映像は子どもたちにも大好評です。 


ー どうもありがとうございました。
   

関連事例

基礎英語LEAD

教育機関向け英語教材
 

明治大学リメディアル教材

eラーニング教材
明治大学リメディアル教材 

日本マクドナルド 食育の時間

企業CSR支援
日本マクドナルド 食育の時間

  

 

ページの先頭に戻る

お問い合わせ

  • 法人のお客様お問い合わせ
  • 個人のお客様お問い合わせ

当社が制作する主な番組

当社が制作する主な番組

新規事業紹介

新規事業開発

イベント情報

イベント一覧

当社の
インターネットサービス

ゴガクル

みんなのきょうの料理

すくコム


NED-ID