TOP > お知らせ > 第20回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」での受賞について

第20回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」
での受賞について

2021年02月26日プレス

第20回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」
草の根民主主義部門 奨励賞
BS1スペシャル「封鎖都市・武漢 ~76日間 市民の記録~」

「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」のページはこちら

BS1スペシャル「封鎖都市・武漢 ~76日間 市民の記録~」

BS1 2020年5月4日 放送
NHKエデュケーショナル/テムジン/NHK

BS1スペシャル レバノンからのSOS 〜コロナ禍追いつめられるシリア難民〜

新型コロナウィルスの感染拡大で、76日間、封鎖された中国・武漢。 市民生活のリアルな実態を描いた日記が注目されている。「武漢封城日記」。 ソーシャルワーカーの郭晶さん(29)が封鎖初日からを発信してきた。 「営業しているのは葬式の花の店だけ」「清掃員はマスク2枚しか支給されずマフラーを口に巻いている」  封鎖生活で広がる家庭内暴力、病院で治療を受けられず亡くなった人々の姿も記されている。 国営メディアが伝えない内容が大きな反響を呼び、閲覧数は190万回にのぼった。 また北京のネットラジオ番組「故事FM」は、武漢の医師や患者の悲痛な声を配信してきた。 医療崩壊など切迫した実態が浮かび上がってきた。 番組では日記とラジオ二つの記録から知られざる武漢市民の現実に迫る。

「BS1スペシャル」のページはこちら

当社が制作する主な番組はこちら

お知らせ一覧