TOP > お知らせ > 「プリ・ジュネス2018」での受賞について

「プリ・ジュネス2018」での受賞について

2018年06月13日プレス

NHKエデュケーショナルが制作に携わった番組が、「プリ・ジュネス2018」にて受賞いたしました。

「プリ・ジュネス」はドイツ・ミュンヘンで2年に1度開かれる国際子ども番組映像祭で、1964年から開催されています。50年以上の歴史を誇り、「子ども番組のオスカー」とも称される同コンクールでは、世界中から番組制作者たちが集い、互いの作品を試写、討論し、投票によって受賞作品が選ばれます。

6歳までのノン・フィクション番組部門 最優秀賞
ピタゴラスイッチ「ビーだま・ビーすけの大冒険スペシャル! ~黒玉軍に気をつけろ~」

NHKエデュケーショナル/日本放送協会

ビーだま・ビーすけの大冒険スペシャル! ~黒玉軍に気をつけろ~

■ピタゴラスイッチ
「ピタゴラスイッチ」は、4~6歳の子どもたちを対象に、考え方やものの仕組みを伝える幼児教育番組です。今回は、メカニズムの思わぬ動きの中をビー玉が転がる人気コーナー「ピタゴラ装置」に、歌と物語を吹き込み、番組の特別編として構成しました。

ショート番組部門 3位 入賞
「FACES」

NHKエデュケーショナル/ビヨゴンピクチャーズ/日本放送協会

FACES

■FACES -How I survived being bullied
 — いじめ撲滅国際キャンペーン

現在いじめに苦しむ当事者に経験者がメッセージを送るプロジェクト。NHKがイニシアチブを取り、世界中の公共放送局がいじめ体験者による2分の証言を制作、共有し、各国で放送する。コンクールにはその中で、NHKとセルビアRTVの2つの作品をエントリーした。

当社が制作する主な番組はこちら

お知らせ一覧