2017/4/28

ブレイブ 勇敢なる者「えん罪弁護士」
ギャラクシー賞での受賞について

NHKエデュケーショナルが制作した番組が、ギャラクシー賞にて受賞いたしました。

「ギャクラシー賞」は、放送批評懇談会が1963年に創設した、日本の放送文化に貢献した優秀な番組・個人・団体に贈られる賞です。審査は放送批評懇談会会員から選ばれた選奨事業委員会が担当します。放送批評懇談会の会員が一貫して審査にあたり、賞の独立性を維持しつづけています。

NHKエデュケーショナルが制作した番組が、ギャラクシー賞にて受賞いたしました。

「ギャクラシー賞」は、放送批評懇談会が1963年に創設した、日本の放送文化に貢献した優秀な番組・個人・団体に贈られる賞です。審査は放送批評懇談会会員から選ばれた選奨事業委員会が担当します。放送批評懇談会の会員が一貫して審査にあたり、賞の独立性を維持しつづけています。

NHKエデュケーショナル

(第54回ギャラクシー賞テレビ部門入賞)
ブレイブ 勇敢なる者「えん罪弁護士」2016年11月28日放送
NHKエデュケーショナル/日本放送協会

(第54回ギャラクシー賞テレビ部門入賞)
ブレイブ 勇敢なる者「えん罪弁護士」
2016年11月28日放送
NHKエデュケーショナル/日本放送協会

■ブレイブ 勇敢なる者「えん罪弁護士」
http://www.nhk.or.jp/docudocu/(※外部サイト) 

「無罪」獲得「14件」。その実績に他の弁護士は舌を巻く。
“えん罪弁護士”の異名を持つ今村核さんは、有罪率99.9%と言われる日本の刑事裁判で20年以上も闘ってきた。
過去に取り組んだ放火事件や痴漢事件では、通常の裁判の何倍もの労力をかけ科学的事実を立証し、矛盾や盲点、新事実の発見、えん罪被害者を救ってきた。
自身の苦悩を乗り越え、苦難の道を歩み続けるその素顔に迫る。

■ブレイブ 勇敢なる者「えん罪弁護士」
http://www.nhk.or.jp/docudocu/(※外部サイト) 

「無罪」獲得「14件」。その実績に他の弁護士は舌を巻く。
“えん罪弁護士”の異名を持つ今村核さんは、有罪率99.9%と言われる日本の刑事裁判で20年以上も闘ってきた。
過去に取り組んだ放火事件や痴漢事件では、通常の裁判の何倍もの労力をかけ科学的事実を立証し、矛盾や盲点、新事実の発見、えん罪被害者を救ってきた。
自身の苦悩を乗り越え、苦難の道を歩み続けるその素顔に迫る。

当社が制作する主な番組はこちら

 

ページの先頭に戻る

お問い合わせ

  • 法人のお客様お問い合わせ
  • 個人のお客様お問い合わせ

当社が制作する主な番組

当社が制作する主な番組

新規事業紹介

新規事業開発

イベント情報

イベント一覧

当社の
インターネットサービス

ゴガクル

みんなのきょうの料理

すくコム


NED-ID

  • 法人のお客様お問い合わせ
  • 個人のお客様お問い合わせ
  • 法人のお客様お問い合わせ
  • 個人のお客様お問い合わせ