あそべばそだつ ひろがるみらい

NEDの遊育(あそいく) なぜ遊育

menu  

NEDの遊育

NEDの遊育

NEDの遊育

NEDの遊育


●なぜ、今?【遊育(あそいく)】提唱の背景

深刻化する子どもの運動能力の低下の原因は?

みなさんのお子さんはスキップができますか?顔から転んだりしていませんか?

40年前に比べ、生活様式そのものが変わり、効率のよい便利な暮らしが、日常的に運動量を減少させています。特に、日本の将来の活力になるはずの子どもは、園や学校から帰っても、安全な遊び場もなく、塾や習い事、ゲームに忙しく、外で走り回る暇も時間もありません。さらに少子化が追い打ちをかけ、遊ぶ仲間も減っているのです。

親世代より身長は伸び、体格はよくなっても、運動量が少なく、基本的な動きが身についていない子どもが急増しています。自分のからだをコントロールできなければ、当たり前な動きもできず、うまくできないからつまらない。つまらないから繰り返さない。この連鎖により、上達した実体験も、からだを動かす楽しさ、やり遂げた達成感も味わうことがないまま、年齢を重ねることになります。これでは、からだを動かすことが好きになれません。学校の体育の授業も面白くないでしょう。

NEDの遊育

大人たちがもつ「遊び」や「運動」に対する認識のズレ?

とはいっても、深刻化する今の子どもの運動能力の低下は生活環境の変化だけではありません。今、みなさんが注目しなければならないことは、親がもつ「遊び」の捉え方が、昔とは違い、いつの間にか「遊び」自体の認識に変化が生じてしまっていることだと私たちは考えます。「子どもを遊ばせていますか?」と親に問いかけると、「ちゃんと遊ばせている」という答えが、普通にかえってきます。実はその「遊び」とは、オンラインやスマホゲーム、カードゲームなど室内遊びのことで、昔ながらの“鬼ごっこ”など、からだを使った「遊び」とは、かけ離れています。同じ時間を費やしても「遊び」自体の捉え方が違ってしまっているのです。

また、親が子どもを思うあまり、良かれと与えた運動が「競技スポーツ」に偏っている傾向があります。それが悪いというわけではありませんが、サッカー、野球、水泳などは、勝ち負けや技術の習得に重きを置きがちです。子どもの単一スポーツ化は、運動量は確保できても様々な動きは身につきません。局部的な過度の反復動作だけを幼少期から続けていても、必ずしも体力や運動能力の向上にはつながっていないのです。

NEDの遊育

からだを動かす昔ながらの「遊び」は身体能力や知性、社会性を育みます。子どものからだとこころの成長に欠かせません!
「遊び」により運動量が増え、さまざまな動きを習得すれば、運動能力も上がり体力もつきます。昨今、危険視されている運動不足からくる子どもの便秘、生活習慣病の増加、ストレスに対する抵抗力の低下も“からだ遊び”により、防げるかもしれません。“よく食べ、よく遊び、よく眠る”という子どもらしい生活習慣が身につけられるように、子どもを見守る大人が「遊び」を通じて必要な運動のあり方を見直し、子どものからだづくりを考える時期にきているのです。 

幼い頃にバランスよく基本動作を組み合わせた「遊び」の経験があるかないかで、からだやこころの発達の度合いが変わってきてしまう現実があります。体力は、人間のあらゆる活動の源です。物事に取り組む意欲や根気にも深くかかわっており、子どもの体力の低下は将来的な国民全体の体力低下につながってしまうことになりかねません。

楽しく自然に動きを身につけられる、一生に一度だけの時期がある?

体力は大きく3つに分類されます。

① 筋力 (力を発揮する能力)
② 持久力(長く運動する能力) 
③ 調整力(からだをコントロールする能力、からだを調整する能力) 

NEDの遊育

①〜③の中でも、幼児期から小学校の時期に発達が著しいのが瞬発力です。同じようなことが言えるのが「言語」。第2言語の習得には、“臨界期”と呼ばれる時期、日常的にその環境下にいることが効果的だということはよく知られています。この一生に一度だけの言語における“臨界期”と同じように、「動作」を自然に身につけるのに最適な時期が、2歳から12歳までの間、「言語」の“臨界期”と重なるという説もあります。この時期にいかにさまざまな動きを経験して、楽しく自然に体に覚えさせるかが大事です。将来どんな分野に進むにしても、マルチに体を使えることが、子どもの将来の可能性を広げます。

“からだ遊び”は、あらゆる動きが楽しく体験できます。幼児期から小学校の時期に子どもたちは、楽しみながら自然に動きをバランスよく身につけることができます。

>次のページへ(基本の動き)

NEDの遊育(あそいく)

遊育

ページの先頭に戻る

  • 2017/3/24

    お客様事例に、コスモプラネタリウム渋谷様『プラネタリウム版「コズミックフロント "ダークマターを探せ!"」』を追加しました。

    詳しくはこちら

  • 2016/12/21

    【重要なお知らせ】
    違法コピー商品にご注意ください

    詳しくはこちら

お問い合わせ

  • 法人のお客様お問い合わせ
  • 個人のお客様お問い合わせ

採用情報

NHKエデュケーショナル

当社が制作する主な番組

当社が制作する主な番組

新規事業紹介

新規事業開発

イベント情報

イベント一覧

当社の
インターネットサービス

ゴガクル

みんなのきょうの料理

すくコム


NED-ID