語学コンテンツのデジタル展開

シャープ株式会社
 「語学番組の電子辞書への活用」

語学番組の電子辞書への活用

インタビュー:2013/5/29
シャープ株式会社 デジタル情報家電事業本部 細貝致知さん
   

NHKエデュケーショナルは、シャープ製電子辞書「Brain」に高校生向けコンテンツ「古文・漢文」
「物理実験」「化学実験」(2010年~)および語学学習コンテンツ「リトル・チャロ」「トラッドジャパン」(2011年~)を提供しています。
他にもカシオ製電子辞書「EX-word」に「リトル・チャロ」「ラジオ英会話」「入門ビジネス英語」
「実践ビジネス英語」「基礎英語1」を、セイコーインスツル製電子辞書には「PASORAMA」に「ラジオ英会話」「入門ビジネス英語」「実践ビジネス英語」を搭載したものが発売されています。

担当は「トラッドジャパン」「リトル・チャロ」を制作している、
NHKエデュケーショナル語学部です。

 

   

「トラッド・ジャパン」搭載 ピクチャー字幕リスニング画面

「動き」のある電子辞書に

シャープ株式会社 細貝致知様

シャープ株式会社 デジタル情報家電事業本部 細貝致知さん

番組コンテンツを素材化し、効果的に搭載


― 電子辞書に語学番組のコンテンツを搭載した背景について教えてください。


細貝:
マーケット調査によると、語学学習に対するニーズは各年齢層で確実に高まっています。そして特に電子辞書の需要が増加している学生の方は、ビジュアル性の高いコンテンツに小さい頃から慣れ親しんでいることがわかりました。
電子辞書は、最初は紙の辞書がそのまま入っているだけでしたが、カラー液晶が搭載され、動画やアプリケーションが動くようになったことで、紙の辞書にはないデジタルならではの価値を提供できるようになりました。
重要なのは、進化した電子辞書に「どのようなコンテンツを、どう入れるかと」いうことです。工夫を積み重ねていく上で、コンテンツホルダーの皆様と直接様々なお話をさせていだきつつ、独自のアイデアを固めていくことの重要性を実感しています。

  

対談の様子


語学部:
2011モデルからピクチャー字幕リスニングという機能で動くソフトとして電子辞書に入れていただいます。静止画と英文、または日本語に切り替えられるようになっていて、それに英語音声を
一緒に流すという機能になっています。カラオケ画面のような状態ですね。

細貝:そうですね。読んでいるところが赤字に反転していくことで、学習しやすくなる新しいスタイルになっています。効果的な学習を検討した結果、テレビ番組そのままだと映像(動画)に目がいってしまうので、紙芝居形式にして英文を追いかけていくような仕掛けにいきつきました。
さらに、テキストを切替えて英文字にしたり、イラストや写真と一緒に英文が出てきたり、英語と日本語を組み合せるなど、様々なパターンで学習できる工夫を施しています。

  

ピクチャー字幕リスニングの画面 英語や日本語表示など多様なパターンがある


語学部:今回は紙芝居形式でしたので、動画から適切な静止画を切り出すという作業に大変神経を使いました。静止画は1分間に何枚程度と決まっていましたし、文字データも台本と照合しながら作っていきました。切り取った静止画と上手く合わないところなどもあったりして意外と大変な作業になりました。
でも、とても手作り感がありましたし、結果的に満足できるものに仕上がりました。目下、英語データベースを作成している番組も多く、今後このようなニーズにすぐご提供できるよう鋭意作業中でもあります。

  

差別化を計るためには安心のコンテンツを

シャープ株式会社 細貝致知様

ビジネスマンと高校生向けに特化した 英語コンテンツを提供


― 電子辞書に搭載するコンテンツの特徴は?

細貝:電子辞書は年配の方からビジネスマン、学生へと需要の年齢層が拡がってきていますので、これにあわせた商品を提供する必要性が高まっています。今では、高校生の普及率は70%に及ぶとも言われていますし、ビジネスのグローバル化に伴いビジネスマンの英語学習ニーズも一層高まっています。
そこで、ニーズの高い学生向け英語学習と、ビジネスマン向けの英語学習コンテンツを選んだ結果、日本の文化を英語でご紹介する「トラッドジャパン」と「リトル・チャロ」を選ばせて頂いたわけです。

最近はインターネットで様々な情報を手に入れることができるようになりましたが、欲しい情報や知識を得るには、それを自分で探したり見抜いたりする能力が求められ、その内容の信頼性も受け手が判断しなければいけません。その点、電子辞書に搭載しているコンテンツは著作者・監修者がいるので、信頼頂ける内容を提供していると自負しています。お父さんやお母さんも安心してお子さんにプレゼント出来ますし、また学校で使用されるケースも増えています。

NHKの語学コンテンツは、ネームバリューもあるうえ、凄く安心感のあるコンテンツだと思います。特に英語の教材は巷にあふれかえっているので、子どもが使う教材を親が選ぶのは一番難しい。NHKの番組が入っていることで安心して購入される方もいます。


語学部:
短い動画ではありますが、「トラッドジャパン」は12本、「リトルチャロ」は50本もの本数を入れて頂きました。どうもありがとうございます。

  

教育コンテンツ制作のスキルを電子辞書にも

今後は企画段階からの参画を

細貝:商品として新しさとか所有する喜びをお客様に提供するのはメーカーとしての務めだと考えます。電子辞書はコンテンツこそが重要な要素になりますので、そこに何を盛り込むかということが、
企画担当の醍醐味と言えます。画面がカラーになったり、動画やアプリソフトが動くなど、ハードの
進化を積極的に取りこんでいった時、NHKエデュケーショナル様のコンテンツへの関心が高まり、
何度も一緒にご相談させて頂きながら、商品を作ってきました。

語学部:語学番組コンテンツを入れて頂く前からシャープ製電子辞書には、理科や古文・漢文等と
いったNHKの動画コンテンツを入れて頂いていました。語学番組では文字情報も重視して、動画ではなくピクチャー字幕リスニング対応コンテンツを搭載しました。今後も情報交換をさせていただきながら、英語をはじめ様々な学習コンテンツを一緒に制作していくことができれば幸いです。

 

― ありがとうございました。

関連事例

知育アプリ制作協力
おやこでリズムあそび

arrow.png お客様インタビュー 

タイアップサイト
花王「ひとりでできる!」を応援

arrow.png すくコムサイト

美術教材制作
京都造形芸術大学 手のひら芸大

arrow.png お客様インタビュー 

  • 法人のお客様お問い合わせ
  • 法人のお客様お問い合わせ

ページの先頭に戻る

  • 2017/2/13

    「東京国際キルトフェスティバル~スプリングマーケット2017~」の情報を公開しました

    詳しくはこちら

  • 2016/12/21

    【重要なお知らせ】
    違法コピー商品にご注意ください

    詳しくはこちら

お問い合わせ

  • 法人のお客様お問い合わせ
  • 個人のお客様お問い合わせ

当社が制作する主な番組

当社が制作する主な番組

新規事業紹介

新規事業開発

イベント情報

イベント一覧

当社の
インターネットサービス

ゴガクル

みんなのきょうの料理

すくコム


NED-ID