教育番組のイベント展開

さんすう怪人・カズラーとあそぼう!
 in たまプラーザ テラス


さんすう怪人・カズラ-とあそぼう! in たまプラーザ テラス
     
■開催日時:
2016年8月19日(金) 20日(土) 
 ①午前11時~ ②午後1時30分~ ③午後3時30分~ (各回45分程度)
■開催会場:たまプラーザ テラス ゲートプラザ2階 「プラーザホール by イッツコム」
■主催:たまプラーザ テラス 、NHKエデュケーショナル
■出演:さんすう怪人・カズラー
    【講師】坪田耕三(青山学院大学特任教授、『さんすう犬ワン』番組委員)


NHK Eテレで放送中の算数番組『さんすう犬ワン』でおなじみ ”さんすう怪人・カズラー” と図形や数の不思議について楽しく学べるさんすうショーが開催されました。
クイズなどを通して、図形や九九の仕組みを楽しく学び、子どもが算数を好きになるヒントがいっぱい!ショーの後には ”カズラー" との撮影会もあり、会場はたくさんの笑顔と子どもたちの元気な声で大いに盛り上がりました。

制作担当:NHKエデュケーショナル 教育部

  


さんすう怪人・カズラ-とあそぼう! in たまプラーザ テラス
     
■開催日時
2016年8月19日(金) 20日(土) 
①午前11時~ ②午後1時30分~ ③午後3時30分~
(各回45分程度)

■開催会場
たまプラーザ テラス ゲートプラザ2階
「プラーザホール by イッツコム」

■主催
たまプラーザ テラス 、NHKエデュケーショナル

■出演
さんすう怪人・カズラー
【講師】坪田耕三(青山学院大学特任教授、『さんすう犬ワン』番組委員)


NHK Eテレで放送中の算数番組『さんすう犬ワン』でおなじみ ”さんすう怪人・カズラー” と図形や数の不思議について楽しく学べるさんすうショーが開催されました。
クイズなどを通して、図形や九九の仕組みを楽しく学び、子どもが算数を好きになるヒントがいっぱい!ショーの後には ”カズラー" との撮影会もあり、会場はたくさんの笑顔と子どもたちの元気な声で大いに盛り上がりました。

制作担当:NHKエデュケーショナル 教育部

  

「さんすう犬ワン」http://www.nhk.or.jp/sansuu/wan/(※外部サイト)
「さんすう犬ワン」は、ワンが得意な「算数」を使って、町の人達のトラブルを解決していく痛快コメディドラマです。トラブルを引き起こすのは、ナゾの怪人カズラー。ワンはさんすう交番の仲間たちと一緒に、試行錯誤を重ねて、謎解きに奮闘します。

イベントの様子

kazura_page1_1.jpg
~カズラーからの問題~
「どちらのカステラが大きい?」

kazura_page1_2.jpg
分かった人はいるかな?

kazura_page2_1.jpg同じ図形を使って、色々な形ができるね!
    

「ハンズオン・マス」手を使った体験的な算数活動

このイベントでは、子どもたち一人ひとりに「さんすうキット」(図形や数の面白さを体験でき家に持ち帰れる学習教材)を配っています。
中に入っているのは、三角形や半円といった図形のピースなど。子どもたちはイベントの進行にあわせ、これらのピースを組み合わせて、ハートなど、いろいろな形を作ります。アイデア次第で答えもいろいろ。解答はひとつではありません。
子どもたちは直接手を動かすことで、「考える算数」の面白さに引き込まれていきます。 

kazura_page2_2.jpg

カズラーと一緒に記念写真!kazura_page2_3.jpg

さんすう犬ワン

 ~子どもたちの感想~
     

・算数の答えがひとつだと思っていたけど、色々な答えがあっておもしろかった。(11才)

・カズラーがいろんな問題を出してきたのを答えていくのが楽しかった。(8才)

・算数のクイズをカードや紙をつかってやったから楽しかった。(8才)

・算数のクイズが楽しかった。特に形を作るのが楽しかった。(6才)  ほか
    

さんすう犬ワン

 ~保護者の方の感想~
     

・このようなイベントは、子どもが算数について興味を持つきっかけとなるので嬉しい。

・学校の算数とは違う視点から取り組むことができ、算数を楽しめると思った。

・大人でも楽しめる問題で、一緒にやって楽しかった。また参加したい。

・算数のイベントは他にないので、第2回もやってほしい。  ほか
    

【 クライアント様からのコメント 】

株式会社 東急モールズデベロップメント
たまプラーザ テラス マネージメントオフィス
営業企画担当 マネジャー 柿崎真紀様

さんすうを「楽しみながら学ぶ」をテーマに坪田先生のとてもわかり易い説明のお蔭で、子どもだけでなく大人も「なるほど!」と気が付くことが多い内容に夢中になってしまいました。終始、参加者を飽きさせない進行でしたので、時間が経つごとに子どもたちが数字の謎に引き込まれ、積極的に発表や発言する様子はとても印象的でした。
最近、メディアを通して子どもたちが「さんすうは苦手」や「さんすうは嫌い」というような声も聞きますが、今回のような学習イベントを通じて問題を正しく理解して、解くよろこびを体験する良い機会になったのではないかと思います。たまプラーザ テラスとしましても是非、次回につなげていきたいイベントです!
  



「 算数って 楽しいよ!」

今回のイベントは、この想いを1人でも多くのお子さまに感じて欲しい!と制作いたしました。タッグを組んでくださったのは、長年NHKの算数教育番組のブレーンとなっていただいている坪田耕三先生。先生はおっしゃいます。算数って、いつも正解が決まっているわけじゃない。問題の解き方はいろいろ。時に答えもいろいろ。自分の手を動かして、確かめてみようよ、だから「算数って楽しいんだ」と。

イベントのアンケート結果では、参加いただいた方の満足度が9割を超えました。そしてお子さま方からこんな嬉しいコメントも複数いただきました。

『 さんすうはにがてだったけど、さんすうが、すきになった気がします。』(7歳)

子どもたちの創造性にあふれる「算数ワールド」。あなたも体験してみませんか?
 

NHKエデュケーショナル 教育部
シニアプロデューサー 陸田裕子

 


関連事例

イベントパッケージ
あそいく

イベントパッケージ
すイエんサー

タイアップサイト
ゴガクル

ページの先頭に戻る

  • 2017/6/12

    【重要なお知らせ】
    「おかあさんといっしょ」 「いないいないばあっ!」 DVDの違法コピー商品にご注意下さい

    詳しくはこちら

お問い合わせ

  • 法人のお客様お問い合わせ
  • 個人のお客様お問い合わせ

当社が制作する主な番組

当社が制作する主な番組

新規事業紹介

新規事業開発

イベント情報

イベント一覧

当社の
インターネットサービス

ゴガクル

みんなのきょうの料理

すくコム


NED-ID