語学学習支援サイト「ゴガクル」のイベント展開

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
「心をつかむ!英語プレゼンの極意」セミナー

インタビュー:2014/4/7
一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
SP事業本部 SP企画ユニット SP普及企画チーム  チームリーダー 中俣忍さん、鈴木美貴さん

   

IIBC(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)が「TOEIC®スピーキングテスト/ライティングテスト(以下、TOEIC® SWテスト)」のプロモーションを行うにあたり、NHKエデュケーショナルは「TOEIC® presents 英語発信力応援プロジェクト~心をつかむ!英語プレゼンの極意~」と題した
セミナーに協力。

「TED2013」に唯一登壇した日本人でヨーヨー世界チャンピオンのBLACK氏の講演と英語プレゼンワークショップの演出、ならびに語学学習支援サイト「ゴガクル」上にセミナーレポートを掲載しました。

担当は、NHKエデュケーショナル デジタルコンテンツ、語学部です。



【TOEIC® SWテストとは】
英語で効果的にコミュニケーションを図るために欠かせない「話す」「書く」力を測る世界共通のテスト。
日常的なやりとりやビジネスシーンを切り取ったテスト内容で、実践的な英語力を証明できます。
 http://www.toeic.or.jp/sw/ 
(※NHKエデュケーショナルのサイトを離れます。)


【ゴガクル】
NHK語学番組から生まれた英語・中国語・ハングルを中心に全10言語のキーフレーズを公開している語学学習支援サイト。「第8回 日本e-Learning大賞 経済産業大臣賞」受賞
サイト全体PV(月)870万PV 訪問者数(月)40万人
 http://gogakuru.com/


英語学習の新たな顧客をとらえたい

国際ビジネスコミュニケーション協会
SP事業本部 SP企画ユニット SP普及企画チーム
   鈴木美貴さん             チームリーダー 中俣忍さん

       

「心をつかむ!英語プレゼンの極意」セミナーはどう生まれたのか


― セミナーと企画の背景について教えていただけますでしょうか?

中俣:国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC®テスト・TOEIC® SWテスト・TOEIC Bridge®という3つの英語テストを中心とした事業を行っております。中でも聞く・読む英語力を直接測定するTOEICテストは英語学習者の方に広く認知されるようになってきました。

また、ここ数年でグローバル化がさらに進み、コミュニケーションをはかるために必要な英語発信力もますます求められてきました。そのような背景から、今、特に力をいれて普及に取り組んでいるのが、話す・書く英語力を直接測定するTOEIC SW(スピーキング=話す力・ライティング=書く力)テストです。

どうやってTOEIC SWテストの重要性を知っていただけるのか。TOEIC SQUARE(TOEICの各種テスト申し込みや、英語学習ができるサポートサイト)の会員様だけでなく、もっと広い対象の方にリーチできる手法を模索していたところ、これまでにも別の施策でコラボレーションしたことのあった「ゴガクル」が目にとまりました。そして、NHKエデュケーショナルさんにご相談したところ「ゴガクル」WEBサイトでのタイアップページの展開とセミナー開催を組み合わせた提案をいただきました。

    

NHKエデュケーショナル運営の語学学習サイト「ゴガクル」に、タイアップ記事掲載

     

キャスティングや演出の力。開催前から評判を呼ぶ

― これまでも「ゴガクル」×TOEICセミナーがありましたが、以前のセミナーの関わり方との違いはありますか?

鈴木:前回はTOEIC Bridgeの普及を目的とし、「おとなの『やり直し英語』学習法セミナー」を開催いたしました。その際にはNHK「おとなの基礎英語」講師の松本茂先生にご登場いただき、講演内容やセミナー全体のまとめ方をNHKエデュケーショナルさんにご提案いただいていました。

今回の英語プレゼンセミナーでは、BLACK氏のパフォーマンスから英語プレゼンワークショップの構成など、細部に渡る演出にまで工夫を凝らしていただきました。さらにワークショップのコメンテーターとして「スーパープレゼンテーション」の英語監修のアダム・フルフォード氏や金谷プロデューサーをお招きすることができ、私達の力ではなしえない豪華なキャスティングが実現しました。
結果として本セミナーは構成面・演出面から見てもすばらしい出来映えで、NHKエデュケーショナルさんのお力添えが無かったら到底実現できなかったと思います。

中俣:ゴガクルやNHKの番組を見てくださっているユーザーの方々など、私達がなかなかリーチできないターゲットがセミナーに来てくださる点は、非常に大きな意味があります。

    

心をつかむ英語プレゼン」その極意とは?

     

― セミナーが始まる前から話題になっていたと聞きました。

鈴木:「TED2013」に登壇され、NHK Eテレ「スーパープレゼンテーション」にも出演されたBLACK氏がTEDと同じ内容の英語プレゼンとパフォーマンスを披露してくださるという企画を目玉に、観客の前で英語プレゼンに挑戦する出場者を募集する「英語プレゼンワークショップ」を同時開催するという構成をご提案いただき、開催前からかなり話題を呼んでおりました。その結果、なんと観覧希望者の数は、500名の定員に対し1300名にも上りました!

一方、観客の前で英語プレゼンに挑戦する「英語プレゼンワークショップ」に、どのくらいの応募が寄せられるのか予想がつかず不安でした。しかし、「ゴガクル」ウェブサイトでも応募を呼びかけていただき、結果的には選考に困るほどの応募者数となりました。

    

堂々とした英語プレゼンに会場が感動に包まれた

果たして、英語で思いを届けることができるのか?

   

スピーカーへのフォローにも適切に対応

― 当日までの英語プレゼンスピーカーのフォローについて

鈴木:スピーカーの選考までは私共も関わらせていただき、その後のスピーカーとのコンタクトはNHKエデュケーショナルさんにお願いしておりました。

ゴガクル: 発表予定の方には、最初に日本語で内容を書いていただきました。それを3分間のプレゼンにまとめるために、まず全体構成のアドバイスを行いました。その上で、どのようにしたら観客に伝わるかをスピーカーと相談しながら、プレゼンの演出のサポート。スライド(写真など)、音楽、話の内容に即した小道具など、内容は様々です。中には、言葉でも説明がむずかしい内容については、思い切ってパフォーマンスをしていただきました。さらに、こうした演出の権利関係もアドバイスさせていただきました。

    

練習の成果を思う存分発揮したスピーカー

    

講演もプレゼンテーションにも大きな反響が!

― 反響はいかがですか?

鈴木:参加者アンケートでは、ほぼ100%に近い観客の方に本セミナーが「参考になった」と回答いただくことができました。

「BLACK氏の素晴らしいプレゼンから、情熱的に伝えることの大切さ、伝えたいという気持ちが大事だと感じた。」

「後半の英語プレゼンワークショップ挑戦者たちのプレゼンテーションも参考になった。発表する姿に励まされたので、自分も勇気を持って英語で発信してみようと思う。」

というご感想などを多数いただきました。
また、「挑戦者たちの英語プレゼンを見ていたら自分も出場したくなったので、次回も開催してほしい。」というご意見も数多くいただきました。参加者の方々も自分達と同じ立場の英語学習者の方々が大観衆を前にして、堂々と英語でプレゼンをしたというところに感動してくださったのだと思います。

   

審査員のBLACK氏(ヨーヨー・パフォーマー)による講演

   

― NHKエデュケーショナルの事業についてのご感想を聞かせていただけますか?

中俣:我々が持っていない技術、経験値、演出力というのは、NHKエデュケーショナルさんのようなプロの方でないと出来ないことです。人の心を動かし、つかむという点で非常に知恵と力を貸していただいたと思っています。
今後も第2弾、第3弾と、また一歩先へ行ったコラボレーションを新しく出来ることを期待しています。 

鈴木:私共が実現不可能と思うようなアイデアを出しても、誠意をもって検討してくださった上で最善の提案をしていただけたのでとても良かったです。セミナーは対象者のエリアが限られてしまうので、全国のユーザーにリーチできるという点で、本セミナーの開催レポートを掲載したタイアップページを作っていただいたのはとても効果があったと思います。
 

― ありがとうございました。

関連事例

イベントパッケージ
すイエんサー

arrow.png お客様インタビュー

イベントパッケージ
あそいく

arrow.png イベントレポート 

イベントパッケージ
フック ブック ロー

arrow.png イベントレポート

ページの先頭に戻る

  • 2017/2/13

    「東京国際キルトフェスティバル~スプリングマーケット2017~」の情報を公開しました

    詳しくはこちら

  • 2016/12/21

    【重要なお知らせ】
    違法コピー商品にご注意ください

    詳しくはこちら

お問い合わせ

  • 法人のお客様お問い合わせ
  • 個人のお客様お問い合わせ

当社が制作する主な番組

当社が制作する主な番組

新規事業紹介

新規事業開発

イベント情報

イベント一覧

当社の
インターネットサービス

ゴガクル

みんなのきょうの料理

すくコム


NED-ID