• インタビュー:2015/10/2
  • コスモプラネタリウム渋谷  解説員:永田美絵さん

NHK-BSプレミアムで放送されていた人気番組「コズミックフロント」、そして進化して現在放送している「コズミックフロント☆NEXT」、その中から生まれた初めてのプラネタリウム版です。プラネタリウム版は4K(※)で撮影したり、CGで制作しています。その特性を生かして、巨大なドーム画面に高精細な映像を映し出します。まるで、宇宙の中で星が生まれる瞬間を体感できるような映像コンテンツになっています。

※フルハイビジョンの4倍となる約829万画素(実解像度3840×2160)の高精細映像

    

コズミックフロント プラネタリウム版「時間旅行」のビジネス事例はこちら
プラネタリウム版「コズミックフロント "ダークマターを探せ!"」のビジネス事例はこちら

                                                                                                  (※外部サイト) 
コスモプラネタリウム渋谷    
http://www.shibu-cul.jp/planetarium
コズミックフロント☆NEXT  http://www4.nhk.or.jp/cosmic/

制作担当:NHKエデュケーショナル 科学健康部

  • インタビュー:2015/10/2
  • コスモプラネタリウム渋谷
    解説員:永田美絵さん


NHK-BSプレミアムで放送されていた人気番組「コズミックフロント」、そして進化して現在放送している「コズミックフロント☆NEXT」、その中から生まれた初めてのプラネタリウム版です。プラネタリウム版は4K(※)で撮影したり、CGで制作しています。その特性を生かして、巨大なドーム画面に高精細な映像を映し出します。まるで、宇宙の中で星が生まれる瞬間を体感できるような映像コンテンツになっています。

※フルハイビジョンの4倍となる約829万画素(実解像度3840×2160)の高精細映像

コズミックフロント プラネタリウム版
「時間旅行」お客様事例はこちら
「ダークマターを探せ」お客様事例はこちら

コスモプラネタリウム渋谷
http://www.shibu-cul.jp/planetarium(※外部サイト)

コズミックフロント☆NEXT
http://www4.nhk.or.jp/cosmic/(※外部サイト)

制作担当:NHKエデュケーショナル 科学健康部

4K最新デジタルシステムを生かした番組を

コスモプラネタリウム渋谷
解説員 永田美絵さん 

  

- コズミックフロント プラネタリウム版「ファーストスター誕生」を企画した背景を教えてください。

永田:渋谷は、多様な文化の発信地であると同時に、2001年までは民間プラネタリウムによる最新の宇宙情報に触れられる街でもありました。そうした中、2010年にオープンしたコスモプラネタリウム渋谷は、最新の宇宙の知見を届けていくという目的を持っています。当館には4Kのプロジェクターを使った最新のデジタル投影システムを導入しています。そのシステムの能力を生かす既成の高解像度CG作品は少ないため、コンテンツの自主制作が早くから計画されていて、年間1作品のペースでオリジナル高品位番組の制作を行っています。
今回は、人気番組である「コズミックフロント」の中でも特に人気が高かった『ファーストスター誕生』を選び、天文学の第一人者の方々のインタビューも交えて制作していただきました

  

4Kで撮影された星空

   

プラネタリウムならではの空間を生かした臨場感


- 今回の番組を制作するにあたって、弊社に特に要望した点はありますか。

永田:「コズミックフロント」はテレビ番組ですが、プラネタリウム番組にする際は、大型ドームのスクリーンに映し出される全天周映像という特性に合わせて、プラネタリウムならではの臨場感を出してもらうようにしました。またテレビ番組の時間はおよそ1時間、プラネタリウムの番組は25分なので、より簡潔に、わかりやすくしてもらいました。

  

ファ-ストスタ-が超新星爆発して死を迎える瞬間

  


- 制作作業をすすめる中で、弊社ならではの良さを感じたことはありましたか。

永田:今回は「コズミックフロント」を担当していただいた方だったので、制作に使用する映像や科学資料は最新のものであり、見せ方もわかりやすく、ドーム空間ならではの臨場感を生かしていただいたと思います。また、座席の配置など当館のプラネタリウムの建築構造にあわせた映像作りも考えていただきました。プラネタリウム番組の制作は手間がかかるもので、試写を繰り返し作り上げていくものです。たとえば星が生まれるシーンだけを試写して、見せ方、色合いなどを何度も見ながら作りこんでいただくなど、丁寧に作っていただきました。

    

コズミックフロント

自然科学研究機構 機構長 東京大学名誉教授 
佐藤勝彦さん

コズミックフロント

東京大学大学院理学系研究科教授 
吉田直紀さん

  

大人が満足するプラネタリウム番組


- 実際にプラネタリウムの番組を見たお客さまの反応はいかがでしたか。

永田:非常に映像がきれいで、わかりやすかった、最新デ-タがわかりやすかったなど好評でした。また最近の傾向としてプラネタリウムを見に来る方は大人の方が多くなっています。当館は特にその傾向が強いです。今回の番組は当館のニ-ズに合っていて、大人の方が見て十分に楽しむ、満足していただける番組だったと思います。
    

 コズミックフロント プラネタリウム版「ファーストスター誕生」を見たお客様の反応

  • 星空が近づいてくるようで面白かった。(20代)
  • ファ-ストスタ-が美しくて仕組みもわかりやすかった。(30代)
  • 聞きやすいナレーションと簡潔なまとめ方がよかったと思う。(30代)
  • 臨場感があってよかったです。テレビよりも雰囲気を感じられました。(40代)
  • 最新のデータがわかりやすかった。(30代)

 

   

「ファーストスター誕生」パンフレット

  

  

お客さまにより興味をもってもらうためのパネル展示

   

  

- こちらの館では「コズミックフロント プラネタリウム版」第二弾も予定されているのですよね。

永田:次回作は「時間」をテーマにしたものです。このテーマはプラネタリウムの番組としては取り上げることが難しいとされていました。ですが、タイムマシンが出来るかどうかは一般の人も興味があるものですし、「コズミックフロント」で非常に人気があったということで、当館でも取り上げようと思いました。投影は2016年1月中旬を予定しています。お客さまに見ていただくことが今から楽しみです。


- ありがとうございました。

   

コズミックフロント プラネタリウム版「ファーストスター誕生」はご好評をいただき、全国各地でも投影されています。

・四日市市立博物館(平成27年6月13日~9月13日)終了
・豊橋市視聴覚教育センター(平成27年7月10日~平成28年7月3日)
・とよた科学体験館(平成27年7月18日~平成28年7月31日)
・川口市立科学館(平成27年9月12日~平成28年9月11日)
・山梨県立科学館(平成27年12月5日~平成28年3月18日)

今回ご利用いただいたサービス


映像企画制作

長年NHKの番組を制作してきたディレクターたちが、NHKテレビ番組の品質で、ご要望に応じた動画コンテンツを制作します。
イベントの記録や社内研修、シンポジウムの上映用など、様々なフォーマットでの納品が可能です。また、撮影・編集のみならず、予算に応じて著作権の処理などの対応も行います。

関連事例

工場紹介映像制作
カルピス 

プラネタリウム映像制作
コズミックフロント 

美術館4K映像制作
モローとルオー 

ページの先頭に戻る

  • 2017/6/12

    【重要なお知らせ】
    「おかあさんといっしょ」 「いないいないばあっ!」 DVDの違法コピー商品にご注意下さい

    詳しくはこちら

お問い合わせ

  • 法人のお客様お問い合わせ
  • 個人のお客様お問い合わせ
 

当社の
インターネットサービス

ゴガクル

みんなのきょうの料理

すくコム

アクティブかむかむウォーキング


NED-ID